banner

高麗人参の栽培方法は?

高麗人参の栽培方法で、一番適した気候は、暑くもなく寒くもなく、穏やかな気候で、土壌は水はけがいいことです。
高麗人参の人工栽培は、とても難しいです。
種をまいて収穫するまで6年間もかかります。
その間の栽培条件を保つのにも大変です。

直射日光に気をつけないといけないし、風雨にさらされるということがないようにも、気を配らないといけないし、連作も難しいです。
高麗人参が、土の中の栄養分や水を吸い尽くしてしまうからです。
続けて高麗人参を栽培すると、根っこの部分が腐ってきます。
だから、高麗人参の連作も難しく、栽培するのも難しいです。

高麗人参の根の形が決まるのは、土壌の性質と水分です。
また、高麗人参が、よく育つ土は、酸性の土壌です。
アルカリ性の土壌には弱いです。
高麗人参の栽培年数は一年根から六年根まで、あります。
だいたい3年根以上の高麗人参でないと効果・効能は期待できないといわれています。
栽培年数が多いほど、高麗人参の効果・効能も大きいです。

三年根だと六年根の半分の効力しかありません。

高麗人参の連作が、難しいとされていましたが、高麗人参を栽培して採取した後に、稲を植えるという連作障害対策がとられました。

田んぼに高麗人参を栽培する場合、栽培して収穫した後に、稲を栽培します。
そうすることで、土壌は、もとの状態に戻ります。
なぜ、そうなるのかといいますと、稲を植えることによって、土壌の酸素がなくなります。
すると土壌の中の根腐病原菌は、死滅し、どんどん減っていきます。

田んぼで5年くらい稲を栽培してから、また高麗人参を栽培しても、問題なく栽培し、収穫することができます。

高麗人参の連鎖障害を防止する方法としては、今のところ、田んぼに稲を植える方法が取られています。
もうひとつありますが、まだ実用化に至っていません。微生物を利用するという方法です。

今のところ、高麗人参が栽培されている過程で、土壌の殺菌処理のためにクロールピクリンという化学薬品が使われています。

 
Copyright(c) 2013 Korai Ninjin Mitsuketai. All Rights Reserved.