banner

高麗人参は、いつからあるの?

日本と朝鮮は、地理的に近いこともあって、いろいろなものが日本に伝わってきました。

高麗人参も例外ではありませんでした。
高麗人参が、日本に伝わったのが、江戸時代です。
日本の一番古い文献によりますと、8世紀ごろ聖武天皇のころです。
渤海の文王が聖武天皇に高麗人参を贈ったのが始まりです。

それから後も、何度も朝鮮半島から日本に高麗人参が贈られてきました。
長い歴史に中で、高麗人参は、お互いの国のお礼物や交易品として、朝鮮半島から日本にはいってきました。
そのお礼として、日本は朝鮮半島に銀などを贈っていました。

日本ではじめて高麗人参が、栽培されたのが18世紀のはじめころです。
徳川幕府、八代目将軍吉宗の時代です。
徳川家康は、高麗人参を持ち歩き、服用していました。
戦国時代の武士たちは、健康維持に高い関心がありました。

家康のころに、高麗人参の栽培が始まりました。
高麗人参が世界中に広まるきっかけになったのが、大航海時代。
たくさんの宣教師や商人たちが、ヨーロッパから東アジアの国々にやってきたころです。
オランダ人のハメルが朝鮮半島ですごした出来事を本にしました。
この本の中で、ハメルは、高麗人参をヨーロッパの人に紹介しました。
高麗人参の実物の大きさの写生図が観察調査記録に残っています。

18世紀の初頭、モントリオール在住のフランス人宣教師のラフィトウは、高麗人参の写生図をカナダのある民族に見せて、山の中から高麗人参に似た植物を採取させてきたほどでした。

このとき以来、北アメリカ産の人参が、洋参という名前で、中国に輸出されましたが、高麗人参の薬効ほど、優れた効果はなかったようです。

日本でも、薬効が高い高麗人参はとても珍重されていました。
その優れた成分が科学的に研究されたのが、20世紀の半ばころです。
特に高麗人参の有効成分であるサポニンについては、今も研究が続けられていて、サポニンのほかに、新しい有効成分も発見されています。

Copyright(c) 2013 Korai Ninjin Mitsuketai. All Rights Reserved.