banner

高麗人参のサプリメントを飲用した効果

私は結婚5年目にして、子どもを授かることが出来ました。
しかし、この間に子どもが授かるまでに体に良いとされることを色々試してきました。
その中の一つとして高麗人参があります。
その効果は、どれほどあったのか今となっては定かではありませんが、子どもを授かることが出来て、今は主人と子どもと3人で幸せに暮らしております。
そんな私の体験談をご紹介したいと思います。
私は幼い頃から手足が常に冷えておりました。
また冷え性と関連があるのか分かりませんが、低体温で常に体温が35度台で、時には34度台になることもありました。
そんな冷え性な体質の為、夏場でも職場では足元に電気ストーブを置き、毛布をかけて寒さ対策に励んでおりました。
そんな私も結婚して、いつしか子どもを望むようになったのです。
当時、主人の仕事が忙しく、子作りをするタイミングも中々設けることが出来ませんでした。
私は第一歩として、産婦人科に足を運びました。
すると、産婦人科の先生から基礎体温をつけるように指導されました。
基礎体温は初めて図るものでしので、毎日起床してから測る習慣をつけるには、時間もかかりましたが、何とか3ヶ月計測することが出来ました。
計測した実績とともに、産婦人科に再度足を運びました。
すると、産婦人科の先生に、特に問題はなさそうだが、あえてアドバイスすることがあれば、基礎体温が低いので、体温を上げるような食生活をするようにと指導を頂きました。
私自身、低体温は気にしておりましたし、低体温を打破する為に常日頃気を付けていたのですが、まだまだ甘かったようです。
私は、もう一度食生活を見直すことにしました。
まず、大好きだったアイスクリームを控えることにしました。
やはり、アイスクリームは体を冷やすので、私のような体温を上げたい人は避けた方がよいそうです。
次に、体温を上昇させるような動きを取り入れることにしました。
運動は比較的好きなので、毎日ジョギングをして、基礎代謝を上げる努力をしました。
最後にサプリメントを探しました。
以前にインターネットのサイトで、高麗人参が体温を上げるのに効果があるという記事を見ましたので、高麗人参のサプリメントを試してみることにしました。
この3項目を半年ほど継続して行いました。
すると、半年後の私の基礎体温は35度から36度台まで上昇しておりました。
私は一気に気分までもが上昇しました。
妊娠に向けて、明るい気持ちになっていきました。
主人もとても協力的になってくれました。
私の意見も尊重してくれましたし、私の体調にいつも気遣ってくれておりました。
そして、ある日月経が数日遅れていることもあったので、妊娠検査薬を使用してみたところ、陽性の結果が出ました。
とてもうれしい気持ちと、母親になるという責任感と入り混じった感情になりました。
早速、主人と両親に報告をしました。
皆とてもよろこんでくれて、改めて子は宝だと実感しました。
子どもが欲しいと思ってから少し時間はかかりましたが、体温を上げることは、妊娠しやすい体を作るだけでなく、日頃の健康にも大変プラスになることを知りました。
高麗人参のサプリメントがどれほどの効果があったか分かりませんが、無事出産出来た私の体験談をご紹介しました。

Copyright(c) 2013 Korai Ninjin Mitsuketai. All Rights Reserved.