banner

高麗人参に思わぬ効果でダイエットにもいいのです

わたしの両親が糖尿病の予防のために、高麗人参をとっているのですが、わたしも自分の健康のためにも漢方薬としてとっています。
定期的に漢方のお店に行くようになり、その都度、先生にいろいろと健康について話を聞くのですが、先生に最近は脂っこい食べ物を食べてもなんだかお腹が張ることも無くなったと話していました。
すると漢方の先生は、高麗人参にはダイエットの効果もあるので、それが働いているのでしょうということを言って来たのです。
病気予防にと思って取っていたのが、ダイエットにもいいなんて、一石二鳥だと内心喜んでいました。
すると先生は、現代の肥満である「メタボリックシンドローム」について良い話をしてくれました。
肥満というのは、それを放っておくだけで病気になるリスクを増やしていくことになるので、肥満になるのは抑えないといけないという事でした。
太っているのは悪いとわかっていたのですが、病気のリスクを高めるので、これだけ世間でも言われるようになるとは思っていなかったので、どこまで痩せるのがいいのか先生に聞いてみました。
すると肥満タイプでもダイエットをした方がいいのは、内臓脂肪型の肥満の人は、早急にダイエットをやった方がいいという事でした。
必ずしも肥満だからダイエットという訳では無く、病気リスクは皮下脂肪よりも内臓脂肪だということなのです。
これは男性に多い症状なので、生活習慣が引き起こしますので、とにかく食生活とウォーキングやランニングなどの有酸素運動を取り入れて生活する事を勧められました。
高麗人参と一緒に運動を取り入れると良いということです。
たしかに運動不足もあったので、脂肪をしっかりと燃焼させるには漢方だけではなく運動は必要だと感じていました。
先生に言われてみると、やはり何かやらないといけないという気持ちになり、有酸素運動だと何がいいのか考えてみました。
先生はプールで水中ウォーキングなどは体に負担が少ないので、お勧めだというのです。
どうやら漢方の先生も運動にはプールに行って水中ウォーキングを1時間くらいやっているというのです。
たしかに先生は年齢の割にとてもスリムでそれでいて、体つきもがっしりとした感じだったので、納得できました。
生活習慣病の予防に効果を発揮する運動ですが、高麗人参をとっているおかげで基礎代謝は高くなりやすい状態なので、運動すると脂肪燃焼も効率よく行うようになっているはずなので、とても痩せやすいとも聞きました。
例えば、バーベキューなどで使う炭をイメージするとわかりやすいのですが、炭を焚く時に新聞紙などでつけようとしても時間がかかるので、文化焚き付けを使いますが、体が新聞紙の状態なのが何も取っていない状態で、高麗人参は体を文化焚き付けにして脂肪を燃やしやすくしてくれるというのです。
そんなに良い効果があったのなら、運動をやらないわけにはいかないと、さっそくプールへ行って水中ウォーキングを始めました。
わたしは泳ぐこともできるので、クロールで泳ぐのもやりましたので、なんと3ヶ月で7キロの減量に成功したのです。
これはペース的にもとても健康的で、1か月で10キロ痩せる人など、聞いたことはありますが、人によっては脂肪では無く筋肉が落ちている人もいるということです。

Copyright(c) 2013 Korai Ninjin Mitsuketai. All Rights Reserved.