banner

高麗人参の有効成分は何?

滋養強壮剤・不老長寿の薬として有名な高麗人参なのですが、効果・効能についての、科学的な研究は、長い間行われませんでした。

高麗人参の有効成分について、初めて研究されたのが19世紀に入ってからでした。
有効成分は、サポニンと呼ばれている成分です。

最初に、サポニンについて研究されたのが19世紀の半ばでした。
ガリックという学者によって、研究され、はじめはパナキロンと呼ばれていました。
今ではサポニンと呼ばれています。

サポニンという物質が、高麗人参の有効成分です。
サポニンは、水に溶けにくく、泡が立つ物質が入っている成分のことです。

もっとも身近で、わかりやすい例を上げますと、キッチンにある洗剤がそうです。
洗剤の中には、起泡性のあるサポニンが利用されています。

今は、医薬品としても優れた効果があるとわかり、研究されるようになりました。

高麗人参の成分の化学構造が明らかになってからは、高麗人参の有効成分・サポニンの研究も行われるようになりました。

化学構造式がわかったサポニンの成分だけでも13種類もあります。
そのほかにも、わずかの量のサポニンが存在していることがわかりました。

サポニン全体、からだの中での効果は、副腎皮質ホルモンの分泌が促進され、ストレスに対しての抵抗感が強化されます。

まだ、骨髄のDNAの合成が促進すると、白血球が増えます。

それぞれのサポニンの作用としては、血清蛋白質の合成が促進します。
解熱・疲労回復促進などに有効に働きます。

高麗人参の有効成分サポニンは、とても薬効が高く、インスリン合成が活性化するので、糖尿病の症状緩和や動脈硬化に効果的で、滋養強壮などに優れています。

また、血圧を高める作用があり、低血圧の治療にも効果的です。
高麗人参の有効成分サポニンは、高麗人参の根っこに多く含まれています。

サポニンは、自律神経を整える作用もあるので、更年期症状を和らげるのに役立ちます。
また、免疫力が強化され、風邪の予防にも役立ちます。

Copyright(c) 2013 Korai Ninjin Mitsuketai. All Rights Reserved.