banner

高麗人参とお酒の関係は?

高麗人参を最も効果的に飲むのに高麗人参酒がいいです。
高麗人参酒にして、飲んでいる人は多いです。
高麗人参の飲み方には、いろいろあります。

生のものや乾燥の高麗人参を煎じて、有効成分を十分、水に溶け出してから飲んだり、パックの高麗人参茶をお湯に溶かして飲んだりなど。

人それぞれ、好みの飲み方がありますが、中でも高麗人参酒が人気です。
高麗人参は、血液の循環を良くするという働きがある上、お酒をいっしょに飲むと、さらに効果が強まります。

お酒をいっしょに飲むことで、神経の緊張を和らげ、ストレスの解消につながります。
高麗人参酒を飲むと、血の巡りが良くなり、体が、ぽかぽか温まってきます。
体の芯まで温まりますので、特に、女性の冷え症改善に効果的です。

高麗人参酒をつくるときの高麗人参酒は、生でも、乾燥したものでも、どちらでもつくることができます。
お酒をつくるときの量とつくり方、出来上がるまでの日数に、すこしちがいはありますが、ほとんど同じです。
ちょっと、口びろのビンにホワイトリカーを注ぎ、その中に高麗人参を入れて、暗いところにおいておきます。

乾燥した高麗人参を使った場合だと生のよりもできあがりが、倍以上かかります。

生のだと、1~2ヶ月で出来上がりますが、乾燥したものだと、最低でも3ヶ月はかかり、長くて半年かかります。

お酒は、18℃のホワイトリカー1リットルと800ミリリットルに対して、乾燥の高麗人参だと100グラム、生のものだと倍の200グラム。

高麗人参酒の飲み方には、特に決まりはありませんが、一日に10ccが目安です。
お湯割り、水割り、ソーダ水を入れても、オンザロックでも、好きな飲み方で、高麗人参酒を楽しむことができます。

高麗人参の苦味が気になる場合は、はちみつを混ぜると甘味が出て、美味しく飲めます。
また、高麗人参をお酒に漬けるとき、ナツメをいっしょにつけると、甘味がでて、苦味が気にならなくなり、おいしくのめます。

 
Copyright(c) 2013 Korai Ninjin Mitsuketai. All Rights Reserved.